スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仄暗いボツの底から

どうもこんばんは。
手が離せない様子の将生に代わりましてブログ更新をさせて頂きます、平岡拓海です。


はてさて急な登板にネタはどうしようかと考えていた折、PCの奥深く、ボツ墓場から
『おひろめ~…おひろめ~…おひろめしてけろ~』との怨嗟の声とも呼ぶべき呻きが
漏れ聞こえてきました。

こりゃちゃんと供養せんとイカンなと思いましたので、今回の更新は久しぶりの
ボツイラスト公開供養回です。


前回の供養会では主に前編でのボツ絵を紹介しましたが、今回は全て頒布前後編分!!
蔵出し新情報をチラ見せ…からのゴミ箱へボッシュート。超エキサイティング。
またボツ理由も性質上曖昧表記ですので、今回は全て眉に唾つけてご覧になって下さい。


ということで、早速ですが1枚目、ドン!やえさんのセクシーショットです。
やえ背中ラフ
蜉蝣という全般的に肌の露出が少ないゲーム中、数少ないお色気イラストとなる
予定でしたが、諸々の理由によりボツ。

個人的には見返り美人図…と言っては言い過ぎですが、そうした背中やうなじ
といった和装美人の色気を出そうとした絵です。
私自身は結構やえさんが好きなので、本編とは直接関係のない所でいつか
ちゃんと描いてみたいなぁと思っていますが…やっぱこの人だけ18禁ゲームですね。



では次、2枚目は新キャラクターラフ!首痛めてる系裏表男子の登場です。
アンジェリカ姉旦那ラフ
ボツ理由
・シナリオの大幅修正に伴い、いらない子になった

実は塗り終わった立ち絵完成版もありますが表情差分はまだだったので、
このキャラを掴めるラフ版を今回公開しました。

デスノートの夜神月をアホの子にした感じがしますが、アホの子を通り越して
いらない子になってしまいました。
もちろん本編にも出てきません。南無三。



では次、最後はボツイベントCGラフ!
ルートBアンジェリカ牢屋ラフブログ
ボツ理由
・シナリオ大幅修正により、シーン自体がボツ

奥の少女(アンジェリカ?)と手前の男、そして牢屋にも見えるこの場所では
一体どんな物語が紡がれるのだろうか!?
この少女の運命やいかに!
『~蜉蝣~』、乞うご期待!!


ということで以上3枚、本編には一切出てこないボツの数々でした。
こちらのブログでもって、お焚き上げ供養とさせて頂きます。

そしてこの舞い上がる煙とともに、届け僕の想い!

『安西先生、当分和服じゃなくて現代モノやファンタジーが描きたいです。
                               おっぱいでも可』
スポンサーサイト

ボツと怨念とタワシ

どうも、子どもとご老人、あと犬猫にモテにモテまくる平岡拓海です。


(   )
(`   )
(・`  )
(ω・` )
(・ω・` )
(´・ω・`)



最近はジングル募集をしつつ何も新しいネタ公開してないじゃないか!
本当にちゃんと作ってるのか!?
と思われるかもしれませんが、具体的には物語における「起承転結」の
転から結にかけて着々と制作しております。

その他、ストーリーに関する部分以外でもお知らせ、発表できる事も
準備しておりますので、どうぞご期待ください!



さて話は変わりまして、今回はボツ絵の公開供養回です。

立ち絵のラフやボツ版は以前公開致しましたが、今回はそれ以外の
一部をご紹介、それにより供養していきたいと思います。


早速ですが1枚目。宴での浮柚の舞ラフ絵です。
浮柚の舞2
ボツ理由
・このあと胸元に鏡等装飾を付けることになったので、ポーズ変更
・浮柚の舞自体を印象づけたいので、むしろ征治が邪魔

要するにほぼ全ボツですね。
もっとも装飾を付ける提案自体は自分からしてしまったので、半分自業自得です。

作中にも書いていないどうでも良い小ネタですが、完成版の中心に据えた鏡。
「鏡」の語源は「かがめ」すなわち「カガチの目」という俗説があり、
そこから装飾案に持ってきました。


次、2枚目。結那の縁側のシーン、差分です。
結那縁側2
ボツ理由
・征治から見た一人称視点でのシーンにしたいので、征治不要。

ほぼ出来上がりに近い差分ですが、ボツ。
あと征治が吸血鬼っぽいのも隠れたボツ理由である気もします。


最後、パッケージイラストのラフです。
ポスター2ラフ2-2
ボツ理由
・タイトル等、文字を入れる場所が少ない(足元)
・構図が違うだけで前編ポスターと同じ構成
・採用案の方が制作内での評判が良かった


今回は以上3点、物語前半部分のお焚き上げ供養となります。
他にもパッケージ案が数点あったり、後編分にもボツ案はかなりあったりしまして、
ほぼ線画清書段階にまで描きあげたものが、シナリオ変更によりそのシーン
そのものがなくなった事によるボツ、なんてことも御座いました。

あと細かな所を言えば、描いたは良いが使っていない表情差分が数十個あると
思われます。

今日はこの辺で筆を置きますが、今回の記事を書きながら、
次があればもう少し効率化して無駄をはぶきたいなぁとつくづく感じた
この度の更新でした。

この記事、所要時間一時間ッ!それが非文筆家の限界ッ!!

どうもこんばんは、夏コミから早くも一ヶ月が経ち、日々制作に
いそしんでおります、平岡拓海です。

8月に夏コミ、12月に冬コミと、夏冬間が4ヶ月しかないため、残り約2ヶ月で
ほぼ完成を目指している現状、今はパッケージ画像の制作を行っております。


今回の更新、まずはお知らせ…というか募集ですね。
前回のブログ更新にもありますように、絶賛サークルジングル募集中です!
期間は9月28日までとまだまだ募集しておりますので、宜しければ以下の
特設ページを御覧ください。
http://kamomile.sakura.ne.jp/kagerou.htm


と、お知らせはここまでとして、絵担当のブログ更新として、そういえば
前編登場の人物でまだHPも含めて公開していなかった人物が多く居たことを
思い出しましたので、今回はそれらのラフを以下に公開致します。

モブズラフ2


こうして並べてみると見事に男性キャラばかりですね…。

ただどのキャラクターのラフも、立ち絵のものと大差ないのが申し訳ない所です。
というのも、ここら辺の期間に描いたキャラクターはほぼどれも一発OKで、
ボツ案がないのです。


とりあえず左から順にご紹介。

名前を「十波(となみ)」、年齢、本名等不詳の奇装奇態な人物として
結構重要な役回りを演じる事になるこの人物ですが、このキャラクターデザインの際には
性格や設定は将生から貰うものの、ほぼ全て自由に描かせて頂きました。

キャラデザに時代設定等無視出来るのも相まって、多分一番平岡の色が出ているかなと
思っております。


次に「一太(いちた)」。
閉ざされた村の村人である弥十郎の息子で、弥十郎の面影はさておき後編の展開を
念頭に入れ、出来るだけ可愛らしく描く事を意識して描きました。
ちなみに盛大な髪型は寝癖です。


郡長である織部玖郎の息子、「織部豊一(といち)」。
他の制作メンバーからはキモいと言われている彼ですが、私は結構気に入っています。
一般的な推理物なら最初の犠牲者か、もしくは目立たない位置にいる真犯人的なデザイン
ですが、そも推理ゲームでもありませんので…。
更に鷲鼻と髪型は父親の完璧な遺伝、10年後の生え際位置はもはや宿命!
色々と残念なキャラに仕上がりました。


最後に「探偵」。
元々のシナリオではベスト無着用だったのですが、シャツだけだと探偵と分からない上
鳥打ち帽が何だか釣り好きのオッサンっぽくなってしまったので、急遽ベストを着させた
経緯が御座います。
結果、釣り好きからゴルフ好きのオッサンにクラスチェンジしました。

私は勝手に、俳句が好きで正岡子規のような写生的俳句を詠みながらも、
物凄く下手というイメージを持っております。


気がつけば4人分の紹介とかなり長くなりましたが、後編では更に登場人物も増え
物語の世界も広がり、また人物の心情描写による深みも増してまいります!

ですので今後とも「蜉蝣」、応援よろしくお願い致します。

ラフ画(弥十郎・やえ)

更新が遅くなりまして申し訳ございません、そろそろ体験版に出てくる個別の登場人物を
あらかたここで紹介したためネタが無くなってきた平岡拓海です。


今回は「弥十郎」と、正直覚えている方も少ないであろうゲーム冒頭にちょっとだけ
登場した「やえ」のご紹介を。


弥十郎に関しては七条と同じくイメージが掴みやすく、一発OKですんなり完成まで
こぎつけたキャラです。
体験版をプレイされた方は分かるかと思いますが、性格的にもこういう男性キャラは
描きやすくて良いですね(笑)
個人的には結構気に入っているキャラクターで、ノリノリで描いていた記憶があります。


次にやえの方ですが、こちらは顔つきに若干の紆余曲折を経ました。
実は下記にある完成版前にも江戸時代風の結髪版がありまして、元々まさきさんからの
注文は後者の髪型でした。
ですがよくよく考えてみると明治時代を舞台にしていながら、明治時代的な装いを
している女性キャラが居ないという事に気付きまして、明治以降独特の束髪、
今の髪型となりました。

また明治では少し珍しいのですが、眼鏡をつけたバージョンや、前髪を変えてみたり、
サークル内から1人だけ18禁ゲーム風と言われながらもマイナーチェンジを繰り返し、
今の形に収まりました。

いつもの余談ですが、下記の楕円形眼鏡の形、今風に思われるかもしれませんが、
明治にもあったそうです。
イメージしがちな丸メガネはむしろ昭和以降の定番だったそうで、このゲームで
キャラデザをしながら、明治時代の風俗を改めて調べたりするのは中々に興味深く
楽しいです。

メガネ版はボツですが。


次回の私の更新では、冬コミ頒布物のパッケージ絵の公開を考えております。
それでは、今回はこの辺で。

モブズ

ラフ画(征治)

征治表情ラフ

どうも、一昨日劇場版まどか☆マギカを見てきた平岡拓海です。
もちろんソロ鑑賞です。
ついでにオマケで貰えるフィルムコマは上条くんが当たりました。
とても楽しかったので、僕の心のタイムカプセルにそっとしまっておこうと思います。


気を取り直して、今回は久々に登場人物の初期ラフの紹介をば。
今更ながらの登場、主人公の吉野征治です。

将生さんからの指定が「外套&退役軍人」ということだったのですが、
下に貼りつけた一枚目がとりあえず最初に描いたものだったかと思います。

今よりも顔付きがいわゆる主人公顔であるかと思いますが、
無色透明の主人公にプレイヤーが投影、感情移入をして、
というタイプのゲームでないことを説明され、その下の2枚目を描いたと
記憶しております。

服装は洋装から、明治時代独特のちょうど過渡期を表す折衷のものにしたり
浪人風の顔つきにしたり(即ボツ)、実はこのあと髪型案を他に6つ提示して多数決を
取り、結局最初の髪型に落ち着いたりと色々あって今の形に落ち着きました。

余談ですが、僕は特に男性キャラクターを描く際、実在の人物をモデルに
したりすることがあるのですが、直接的な似ている似ていないはともかく
彼の雰囲気は俳優の谷原章介さんをモデルにしています。

と、今回はこの辺で筆を置こうかと思います。
主人公1
吉野征治1
プロフィール

『蜉蝣』制作チーム

Author:『蜉蝣』制作チーム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。