スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬ、いざ生きめやも(*ネタバレ注意)

こんばんは。
「風立ちぬ」をつい先日観てきまして、作品から溢れ出る叙情の世界に身を浸しながら日々を生きております瀬川です。ぶるーれいまだですか(気が早いわ)

まず蜉蝣の話。
私の担当のアンジェリカルートでずっと悩んでいた問題があったのですが、それが一つの解決をみました。
またこれからガリガリと書いていけそうなので、ほっとする反面慄きも感じています(何)

さて、今回はジブリ版「風立ちぬ」について軽く感想などを書いてみようかと思います。
気を付けますが、それでもややネタバレになってしまうと思います(*嫌な方は読まずに戻ってくださいね)
これから観ようと考えている方は、あまり先入観などをもった状態でこの作品を鑑賞するのは個人的にお勧めできませんので悪しからず。


まず、個人的には凄く良い作品でした。自身がミリタリー好きな性質であることも手伝っていますけどね。
これまでジブリ作品はほとんど観てきましたが、その頂点が今回入れ替わったぐらいの衝撃です(これまでの頂点はもののけ姫でした)
ちなみに内容は完全に大人向けですね。ある程度の経験や知識がないと楽しめないと思われます。
確実に人を選びます。
これまでのジブリ作品は比較的ファンタジーや冒険活劇が多い傾向でしたが、「風立ちぬ」は実在の人物をモデルにしたリアル・ドラマ(*ノンフィクションに非ず)です。
しかも零戦の設計者である堀越次郎氏の半生を追う話でありますので、想像するまでもなく賛否両論が飛びかう、ある種の問題作とも言えるかも知れません。
それも仕方ありません。特定の思想を声高に標榜したがる人は少なからず存在するものだからです。
故に私は表現物としての当作品の素晴らしさを訥々と述べることにします。

一つ。
物語の展開としましては、淡々と主人公である堀越氏の日々を中心に描いています。彼自身が実直な性格であることも手伝い、抑揚は至って薄く、まるで凪のようで。
しかし計算された演出や直接的でなくとも視聴者に想像させるような鋭い描写は脱帽の一言です。
そういった構成の「妙」に気が付ければ非常に面白い作品だと思います。
純文学をよく読む、読んだ人であればこの空気への理解は早いかと思います。
しかしながらやはり、当作品は感情を強烈に発露することで共感を求める昨今のエンタメ作品の主流とは真逆にあるでしょう。

基本的に人は他者に存在を認めてもらいたい欲求を持つ生き物です。しかし他者には理解されにくいものだが、それでも自身の「拘り」や「夢」を貫きたい欲望も同時に持っています。それは当作品の主人公においても同じで、はたまたこの作品の製作スタッフにも言えることかもしれません。
この作品は後者を基に構成されています。故に、「拘り」や「夢」を貫いて生きる人々の、どこか切々とした日々の足音がこの作品からは響いてきます。

次に。
機能的な情景描写と登場人物の配置が非常に秀逸です。
いやもうね。戦闘機などの外観は勿論、内部構造の描写とかが素晴らしすぎます。メカニック関連の画のあの贅沢さ。もう堪りません。しんぼう たまらん(キャラ変わってる変わってる)

と、それは置いておいて(キリッ)

登場人物においてもそれぞれ明確な役割が与えられており、物語を、テーマを描く大きな助けになっています。特に私が上手いと思ったのが、主人公の妹、加代の存在でした。
基本的に主人公の視点で進む物語ではありますが、自分自身では語れない(語らない)”ある性質”がこの主人公にはあります。それを一番解りやすい形で読者の知らせる人物。それが加代です。

小さい頃から主人公を見てきた身近な女性。女性から見た主人公の姿はどのようなものか。
それを指摘する立場を作り出すことで、視聴者にヒロインである菜穂子の行動を読み解かせます。
劇中ではやや伏せられ気味であった菜穂子の本当の心情と行動の意味はなんだったのか。
美しく叙情的でロマンに溢れた雰囲気を持つ本作ではありますが、人間が抱く生生しい情念も一面では秘められております。
それを読み取ろうとすることもこの作品の持つ魅力の一つだと私は思いました。

そして。
この作品が伝えようとしているテーマは切々としたものだと私は思います。日々を懸命に生きようとする人々にとって、この作品の発するメッセージは鮮烈です。幾つものメッセージに胸を打たれた方も多いのではないでしょうか。特に創作活動をする方にはオススメしたい作品ですね。
「非常に好き」と「全然詰らなかった」で意見が分かれそうな作品ではありますが是非一度劇場に足を運ばれてはどうでしょうか。

最後に。
このようなある種のマニア向けなジャンルを「ジブリ」という素晴らしい制作陣によって「ジブリ」の規模とクオリティで製作されたことに感謝を。まさかこんなクオリティで観れるとは思いませんでした。


そういえば、将生さんとも話して話していたことなのですが最近…

陸(戦車)はガールズ&パンツァー
海(艦船)は艦隊これくしょん(!?)
空(戦闘機)は風立ちぬ

で、ミリタリー推しの風潮がやってきてますよね!?(何)
私はライトなミリタリ好きですが、今まであまり題材として積極的に取り上げてこられなかったジャンルにスポットが当てられるのは嬉しいですね。
やはり良い・悪いを判断するのは知識の有無ですから、知る機会が増えるのはきっと良いことなのでしょう。

さて、なんだかまたもや長々と雑文を書いてしまいました(汗)
冬に向けてメンバー一同、蜉蝣の製作を引き続き頑張っていきます。
どうぞ皆様、応援よろしくお願い致します。

それでは今回はこの辺りで。
スポンサーサイト

夏だ!水着だ!熱暴走だ…

暑中見舞い


猛暑が続きますなか、皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日PCモニターの電源部が熱でやられまして、涙目になりながら新しいモニターを
買いに行った平岡拓海です。

一昨年の夏にもPC本体の電源を交換するはめになったのですが、
夏場は皆様も体調とPCを壊しませんようお気をつけ下さい。


さて夏コミまで早いものでもう一ヶ月切りましたが、サークル内でも後編の制作を
冬に向けて着々と進めている日々で御座います。
私の担当分で具体的に言いますと、後編追加キャラ等、立ち絵だけで200差分以上追加!

もう一年近く前になりますが、昨年8月26日付の日誌で
「立ち絵は基本的に物語が2倍3倍になるにつれ、同じだけ増えるものではない」
と言った自分を助走をつけて殴りたくなる程ですね(苦笑)

それと一枚絵も確実に前編をこえます!

と言いますか、前編の追加パッチにより増えた一枚絵を除けば、既に描き上がっている
後編分の一枚絵は前編をこえています。


前編を遊んで頂いた方々には冬までとかなり長くお待たせしてしまいますが、
その分前編以上のものを制作していく所存に御座いますので、
今後とも何卒宜しくお願いします。


あ、申し遅れましたがイラストは、夏という事で水着のアンジェリカを描いてみました。
日本の夏は浴衣だろうという意見もあるかと存じますが、蜉蝣は和服ばかりなので…
それ以外、他意は一切ございません。

それでは今回はこれにて失礼致します。


おっぱい。

じゃんぴんぐ ふらいんぐ  ど・げ・ざ

こんばんは、将生です。
また制作日誌が空いてしまいました。どげざ!!!


というわけで今回はどげざつながり。(そこ?)

「おすすめ!同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2012」に行って参りました。(通称:どげざ)
ちょっと前のお話ですが…(笑)

簡単にご説明いたしますと、「おすすめ!同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー」は
「おすすめ同人紹介」というサイトを運営していらっしゃる みなみ様が
毎年個人で(!)開催していらっしゃるイベントです。
(こういったイベントを個人で開催し、それが毎年継続されているというのが凄いなーという)

蜉蝣は今回ノミネートされていない(というか完結していないからね!)ですが
2012年の冬コミ参加後「余所のサークルさんと交流がない状態はホント、いかんなあ」と思っていたこともあり
こういったイベントに参加させて頂いて見識を広めないと!ということで
端っこのほうにこっそり座って参加しました。

えーとね。参加した結果としては…
「オレ ゼンゼン ホカノ サークルサンノ ゲーム シランカッタ…」(ブルブル)でした(何)

どれもこれも面白そうなゲームばかりです。
もう少し正確に云うならば、作り手の情熱が溢れまくって「なにこれすごい」と感嘆することしきり。
どげざのサイト上に、当日の様子がUstream配信されていますので、是非!
(…来年、蜉蝣を引っさげて壇上に上がりたいなぁ)


追記。
最近は別のサークルさんとお話させて頂く機会が増えて嬉しい限りでございます。
今後、こちらのHP上から他サークルへリンクを貼らせて頂こうと思います。

七夕の邂逅者

お久しぶりです。リアルが忙しく目を回し気味の瀬川です。
戦わなければ生き残れない…!

と、まあそれは置いておいて。まずは告知です。
当サイトで配布中の「蜉蝣」の体験版をアップデートしたものを公開しました。
大きな変更点は画廊(イラストルーム)を追加です。前編で使われている仕様のものを体験版にも適用したversion(1→1.1)になります。
体験版部分のみではありますが、我らがサークルの絵師である平岡兄貴の美麗な一枚絵をじっくりねっぷり(何)鑑賞できるようになりましたので、是非DLして下さいませ(^^)

さて蜉蝣の話を続けたいところではありますが、あまり話せるネタが多くないので(何を話そうとしてもネタバレになりそう…!)今回は瀬川が最近観た、加えて読んだある作品についての話をします。



『境界線上のホライゾン』(ライトノベル原作・2クール分アニメ化済)

書店のライトノベル売り場を覗かれる方はこのタイトルを知っておられるかもしれません。
あれです。やたらと分厚くてビビる川上稔氏のシリーズです。
1000ページ(!)を超えている巻もある(前編後編で別れた上で片方がそのページ数)シリーズです。
アニメを先に観まして、余りの面白さに一気に最後まで見て、更には原作本の一巻(前・後)を両方買ってしまったという。アニメ→原作のパターンでハマることを私にとっては稀なケースで、アニメだけではよく解らなかった世界観をゆっくり脳に浸透させるが如く、また分析しながら読み進めています。

シナリオ書きの視点から私がこの作品で驚いたのは、1話分の「最後の部分(所謂”引き”の部分)」の上手さと全体の脚本の構成力でした。
。”引き”は重要です。読者に続きを促す(先を読みたい)と思わせる技術はシナリオ構成では必須であるからです。
このアニメは大体平均「アニメ一話分=100P~200P」で表現しており、最初の方は特に世界設定の説明が多く、ともすれば混乱してしまいそうなハイペースで話が進んでいきます。
故に初見ですべてを理解するには難く、そして人は理解し辛いものに集中し続けるのは困難です。
しかしそれでも続きを見たいと視聴者に思わせる「仕掛け」が随所に散りばめられてることで、不明領域をさて置いても見てしまう。これは非常に重要なファクターです。

「このシーンでこのキャラクターをこのように登場させると効果的である」「或いはこの台詞を強調する」

こういった脚本や演出上の構成はアニメに限らず、小説でもノベルゲームでも漫画などでも大切です。印象的なシーンは作品そのもののイメージを作り出していきます。
これは至極当然のことです。
が、シナリオを書いていると自身のシナリオに集中しすぎて主観的になりすぎてしまうことが多々あります。なので「読者の視点を意識する」という自戒は度々必要になります。
そういった意味で、このアニメ(と原作小説)は私にそれを再確認させてくれました。
また他にも秀逸な表現や演出が沢山用いられており、まだまだこの作品から得るものは多そうです。
よくこの原作作品をアニメに出来たなぁ、と一人感心することしきり。サンライズさんすごい!(何)


さて久々なので少し長めに書いてしまいましたが、もう時は七月です。
七夕の季節です。ああ恐ろしい(何)
メンバー一同、作業ペースを上げつつ後編完成に向けて動いております。
どうぞ引き続き応援をお願い致します^^

それでは今回はこのあたりで。
プロフィール

『蜉蝣』制作チーム

Author:『蜉蝣』制作チーム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。