スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通り雨を仰いで

秋は一体どこに…
お疲れ様です。瀬川淳です。

好きな季節を問われれば迷わず秋と答える私ですが、今年はいきなり夏から冬へとシフトチェンジしたような錯覚を覚えます。台風の襲来も多く、雨の日が続きますね。
そんな折、私はつい最近まで体調を大きく崩しておりましたが、今ではなんとか持ち直しつつあります。
こういった気候ですと体調を崩しやすいので皆様もどうぞお気をつけてくださいね。

さて…蜉蝣の私の執筆分に関しては、今が勝負所の天王山。
そんな例えが適切かと思われます。
私が蜉蝣を通して描きたいこと。
それを形にする上で、とても有意義なシーンを執筆中です。
この山を越えれば終わりが見えてくる… はず… だと…… いいなぁ… と (※末尾がおかしい)

何はともあれ、今持てる全力で取り組んでおります。修羅場です。頑張ります。
短いですが、そんなこんなで瀬川の近況報告でした。

追記。
蜉蝣の新情報は、今後将生さんから徐々に発信されていくと思われますのでどうぞお楽しみに!
スポンサーサイト

台風が去り、冬が来る

こんばんは、将生です。
ええ、今年もまた夏休みを得ぬまま肌寒い季節がやってまいりました。
冬コミの当落発表が11月頭にございますが…はたしてどうなるのか!
いつも通り、当落発表がされ次第早々にご報告をさせて頂きますネ。


さて、ここしばらくはあまり大きな動きのないままではございますが
水面下で色々と画策していたモノが少しずつ形になりつつあります。
少しずつではありますが皆様にお届けする準備を整えておりますので、
ゆるゆるとお待ちいただければ幸いでございます。


しかしはて、色々と忙しくしていると部屋がどんどん汚くなりますねぇ…
(急激にゆるい入り)
迫り来る〆切におののきながら執筆速度を上げるべく色々ともがいているのですが、
面白いことに、部屋の掃除をするとどうやら何事においても効率が上がるそうです。
皆さんも学生時代に“勉強しようと思っていたら部屋の掃除をしていた”と
ポルナレフ状態になった経験がおありかもしれませんが
あれは意味があることらしいですね。
私も最近、気にかけて実践してみています。

ええ…はい…あのですね…

部屋に散らかった本を片付けていたら、眼鏡を踏んづけてカチ割った将生さんは
どうやら例外のようです…。(なにやってるの)

ボツと怨念とタワシ

どうも、子どもとご老人、あと犬猫にモテにモテまくる平岡拓海です。


(   )
(`   )
(・`  )
(ω・` )
(・ω・` )
(´・ω・`)



最近はジングル募集をしつつ何も新しいネタ公開してないじゃないか!
本当にちゃんと作ってるのか!?
と思われるかもしれませんが、具体的には物語における「起承転結」の
転から結にかけて着々と制作しております。

その他、ストーリーに関する部分以外でもお知らせ、発表できる事も
準備しておりますので、どうぞご期待ください!



さて話は変わりまして、今回はボツ絵の公開供養回です。

立ち絵のラフやボツ版は以前公開致しましたが、今回はそれ以外の
一部をご紹介、それにより供養していきたいと思います。


早速ですが1枚目。宴での浮柚の舞ラフ絵です。
浮柚の舞2
ボツ理由
・このあと胸元に鏡等装飾を付けることになったので、ポーズ変更
・浮柚の舞自体を印象づけたいので、むしろ征治が邪魔

要するにほぼ全ボツですね。
もっとも装飾を付ける提案自体は自分からしてしまったので、半分自業自得です。

作中にも書いていないどうでも良い小ネタですが、完成版の中心に据えた鏡。
「鏡」の語源は「かがめ」すなわち「カガチの目」という俗説があり、
そこから装飾案に持ってきました。


次、2枚目。結那の縁側のシーン、差分です。
結那縁側2
ボツ理由
・征治から見た一人称視点でのシーンにしたいので、征治不要。

ほぼ出来上がりに近い差分ですが、ボツ。
あと征治が吸血鬼っぽいのも隠れたボツ理由である気もします。


最後、パッケージイラストのラフです。
ポスター2ラフ2-2
ボツ理由
・タイトル等、文字を入れる場所が少ない(足元)
・構図が違うだけで前編ポスターと同じ構成
・採用案の方が制作内での評判が良かった


今回は以上3点、物語前半部分のお焚き上げ供養となります。
他にもパッケージ案が数点あったり、後編分にもボツ案はかなりあったりしまして、
ほぼ線画清書段階にまで描きあげたものが、シナリオ変更によりそのシーン
そのものがなくなった事によるボツ、なんてことも御座いました。

あと細かな所を言えば、描いたは良いが使っていない表情差分が数十個あると
思われます。

今日はこの辺で筆を置きますが、今回の記事を書きながら、
次があればもう少し効率化して無駄をはぶきたいなぁとつくづく感じた
この度の更新でした。
プロフィール

『蜉蝣』制作チーム

Author:『蜉蝣』制作チーム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。