スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか書いてたらオチが切なくなったよ日誌

将生です。
あ、ちなみにまだ夏休みはもらってません。
楽になりたい。(いろんな意味で)

さて、来週には蜉蝣の体験版公開でございます。
前回コミケで頒布したものと同じ内容です。

このように告知すると「あれ、じゃあコミケで100円払って買った人損じゃん」って思われるかもしれませんが、
むしろ得していらっしゃいます(何)
作ってる当の本人が言うのもどうなの?とも思いつつ、そもそも論に若干足を踏み入れる今回のお話。


同人ゲームを取り巻く環境は年々変わりつつあります。
常時接続当たり前…は通り過ぎ、光ブロードバンド当たり前…も通り過ぎ、スマホ当たり前の時代。
いつでもネットできる から どこでもネットできる に変わりつつも、
しかし実行環境はデスクトップPCとそう遜色ありません。

特殊な環境が必要なアクション・3Dのゲームならいざ知らず
ノベルスゲームであれば、大抵の手のひら環境で動いてしまう時代です。

そう、言ってしまえばノベルスゲームはわざわざ現物買うよりダウンロードが楽です。
(某有名同人ノベルゲームが携帯版とかで出てますからねえ…)


さて、コミックマーケットにおいて同人ゲームサークル、約800ほどあると聞きました。
このうち何割がオリジナルでノベルスゲームを作っているのでしょうか。
半分はないでしょう。1/4も怪しいのでは。たぶん100前後…?
その100幾ばくかには有名サークルもいらっしゃれば我々のような無名サークルもあるでしょう。

そんな中、エロも無い、何やってるかわからん、というかニッチなニーズであるところの
明治時代を舞台にしたノベルスゲームを掲げるこの超ドマイナーサークルに買いに来てくださった方。
おそらくは、同人ゲームとノベルスゲームが好き、しかも、オリジナル…
あるいは、明治・大正時代が雰囲気が好みか、巫女さんが好きか。
いずれかが当てはまっていらっしゃるのでしょう。

そんな方が、そんな方こそが、同人ゲームの将来を支えていらっしゃるのではないかと私は思います。
当たり外れのある博打をしてでも、現地で買ってかさばってでも、まず一歩を踏み出してお金を払って、試してみたい・作り手を支えたい…そう思って現地に来ている方が。

だから、クリーナーです。

覚えていらっしゃるでしょうか、情報のページに残していますが
買っていただいた全員にクリーナーをおまけとしてつけています。

…実はあれ、ド赤字なんですよ(笑)
詳細は伏せますが、きちんと業者の方(クリーナー工場のお兄さん)にお仕事として頼んだ
本格的なものです。原価割れどころか売値を超越
もしかすると100円損するかもしれないものにお金を払ってくださった方に、
つまらなくても100円以上のクリーナーをお渡しすることで
「ああ、でもまあ損ではなかったか。クリーナーあるし」と思ってもらって恩に報いたかった、と。


…あ、でもここまで書いてふと気づいたんだけど
来週ネットで体験版公開したら
「今度コミケで販売するときのがオトクっぽいし待つわ」とか
「完成版も原価以上のおまけがついてくるんだね」とか心温まるメッセージを頂く気がしてきた。
おお、進むも戻るも地獄道じゃ…(何)


まあ、作品の出来不出来の外側の話ってことで…。

10/28、「蜉蝣(かげろう)」 体験版公開です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

『蜉蝣』制作チーム

Author:『蜉蝣』制作チーム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。